馬プラセンタで美白美人【赤ちゃんのようなプルプル肌になろう】

目の疲れの原因と対処法

目を押さえる女性

原因と危険因子

眼精疲労は目を酷使することによって、目に疲れを覚える病気です。ふつう短い休憩をとることによって症状は改善します。眼精疲労の危険因子には、乾燥や高温の環境・薄暗いか明るすぎる照明・長時間の運転・読書やテレビの視聴、小さな字の文章をたくさん読むこと・睡眠不足・ストレスや疲労があります。パソコンのLEDディスプレイから出る紫外線に近い性質を持つ青色光も、眼精疲労をおこします。眼科での他の病気であるドライアイや近視・遠視・老眼や乱視などの屈折異常・両眼の屈折力が違う不同視・斜視や緑内障治療薬ビマトプロストも眼精疲労をおこしやすくします。これらの因子は全て、眼精疲労の主な原因である目の水晶体の厚さを調節して焦点を合わせている毛様体筋の緊張につながります。

症状と対処法

眼精疲労の症状には、目の痛み・かゆみ・不快感・燃える感じ・まぶしさ・充血、物が二重に見える複視・涙目や視界のぼやけなどがあります。側頭部・後頭部・首の後ろの圧迫感や痛み、顔や顎の筋肉痛・眠気・集中困難や疲労感がでることもあります。パソコンの長時間使用などで涙が十分流れなくなるドライアイを合併している場合は、目のゴロゴロ感や乾燥感があります。眼精疲労がおこったときは、休憩をとり意識的にまばたきをして涙が流れるようにします。指で額やこめかみをマッサージして血の巡りを良くしたり、温かいタオルを使うアイパックも有効です。屈折異常やドライアイがある場合は眼科での診察が必要で、めがねやコンタクトレンズあるいは人工涙液の点眼薬が処方されます。